【2019/7/29】 FX(為替)の重要ポイント【順張り/ブレイク戦略】

今日も見ていただきありがとう!地合いヤーKOLです 😏

ご覧の記事では、FX(為替)の重要ポイントを説明しています。

通貨ペアは、売買対象としている、ドル/円(USD/JPY)、ユーロ/円(EUR/JPY)、ポンド/円(GBP/JPY)、豪ドル/円(AUD/JPY)のみです。追加予定はありません。

ポイントの変更や結果報告は、Twitter(@jiaiyakol)にてご覧ください。

FXのトレード環境

FX(為替)の重要ポイント記事で使用しているチャートは、MT4 (メタトレーダー4)です。MT4はどの業者でも同じなのでどこでも構いません。いつも使っているのは、FXDDです。

僕のトレード方法は、上位時間足(D1 (日足)、H4 (4時間足)、H1 (1時間足))の一目均衡表の雲と移動平均線にて、トレンドとレンジを判断して5分足で売買しています。

5分足では、ドラストFXの矢印サインインディケーターを使用しています。詳しく知りたい方は、ドラゴン・ストラテジーFXを実践検証レビュー記事からご覧ください。

ドラストFXでの成績もアップしていますのでご覧ください。

ドル/円(USD/JPY)

前日は、角度が急だったため高値付近でレンジが続きました。ロング様子見正解でした!

ここからは、7/10の高値と75線がポイントとなってくるでしょう。高値もしくは手間で戻してくればダブルトップとなり、H4↓からショートが狙えます。7/10以降の下落と同じ。

  • トレンド : MN↓、W1↓、D1↑、H4↑、H1↓
  • ロング狙い:H1↑からロング
  • ショート狙い:H4↓からショート

D1 (日足)

ドル/円(USD/JPY)

H4 (4時間足)

ドル/円(USD/JPY)

H1 (1時間足)

ドル/円(USD/JPY)

ユーロ/円(EUR/JPY)

H4では移動平均線内にあるのでレンジ位置にあります。下げてくればポンド円と同様に、H4↓からショートが狙えます。上は高値とH4 75線を超えてくれば上がりやすいが、W1が↓の為上昇トレンドは続きにくいと思います。

  • トレンド : MN↓、W1↓、D1↓、H4↑、H1↓
  • ロング狙い:7/25の高値かH4の75線超えからロング
  • ショート狙い:H1 75線割れ、H4↓からショート

D1 (日足)

ユーロ/円(EUR/JPY)

H4 (4時間足)

ユーロ/円(EUR/JPY)

H1 (1時間足)

ユーロ/円(EUR/JPY)

ポンド/円(GBP/JPY)

日足↑になったので上げてくるかと想定したら、金曜日に崩れました。日足では25線で戻された感じです。再び日足↓に入ってきましたが、この位置からショートを狙うのは厳しいので、引き続きロング狙いです。

ロング狙いですが、日足↑に入ってくるまでは見送りです。ショートは7/18の安値を割れば見直しますが、それまでは見送りです。

  • トレンド : MN↓、W1↓、D1↓、H4↓、H1↓
  • ロング狙い:見送り
  • ショート狙い:見送り

D1 (日足)

ポンド/円(GBP/JPY)""

H4 (4時間足)

ポンド/円(GBP/JPY)

H1 (1時間足)

ポンド/円(GBP/JPY)

豪ドル/円(AUD/JPY)

狙い通りの流れとなりました。引き続きショート狙い継続で、ロングは当面見送りです。次のポイントは6/18の安値。ロングは、下げ止まりのサインであるH1とH4のWボトムになったら。ただし、今の位置だと浅いのでさらに下落した時がいいでしょう。

  • トレンド : MN↓、W1↓、D1↓、H4↓、H1↓
  • ロング狙い:見送り
  • ショート狙い:ショート

D1 (日足)

豪ドル/円(AUD/JPY)

H4 (4時間足)

豪ドル/円(AUD/JPY)

H1 (1時間足)

豪ドル/円(AUD/JPY)