ETF(上場投資信託)の中で売買しやすいのはどれ?実践例あり

ETF(上場投資信託)は、少額から買え実践練習には最適なので、資金が少ない株初心者さんにおすすめです。リスクを少なくし、数百、数千回と売買を繰り返せば誰でも上達できます。

将来億トレーダーになりたいなら、ETF(上場投資信託)を活用するべきでしょう。

これから、ETF(上場投資信託)の中で売買しやすいのはどれなのかをご紹介します。さらに、実際に売買した例でも説明するので、ご参考になれば幸いです。

ETF(上場投資信託)とは

ETF(上場投資信託)とは

ETF(上場投資信託)とは、Exchange Traded Fundの略称です。証券取引所に上場しているので、株と同じように9時~15時まで売買が可能です。他にETN(上場投資証券)もあります。

株との違いは、少額で買えるだけです。分配金も貰えるので株とほぼ同じです。

これ以上、ETF(上場投資信託)やETN(上場投資証券)とは何ぞやと、必死に調べる必要はありません。専門家になって記事を書くわけではないので、ETFやETNについて調べても仕方ありません。僕も実はよく分かっていません(笑)

少額(数千円)から買える、個別銘柄が増えたと思ってください。それだけの知識で十分!

ETF・ETN取り扱い一覧(SBI証券)

ETF・ETN取り扱い一覧(SBI証券)

6月5日現在SBI証券では254件ありました。今後も増えていくと思います。

外国指標も豊富にあり、スイス株、英国株、インド株、中国株、タイ株なども買うことができます。SBI証券では、海外株は簡単に購入することはできますが、国内ツールでチャート表示ができない為短期売買はしにくいです。ETF・ETNなら全てチャートを表示できます。

チャートを表示できるので、株と同じように短期スイングも可能ですし、デイトレもできます。いつも使っているネットストック・ハイスピードでも表示できます。

1391UBS ETF スイス株
1391UBS ETF スイス株
このチャートは、1391UBS ETF スイス株で、スイスの大型・中型株で構成されたものです。上記は週足です。見てもらえれば分かるように、値幅は少なく売買対象とはなりませんね。

でも外国指標は値動きを見るだけでも面白いですよ。ETFでその国に興味を持ったら、個別銘柄で売買してもいいですし。

SBI証券では、米国、中国、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアの株が売買できます。

タイやベトナム株

僕は、タイやベトナム株を売買してみたいです。余裕が出てきたらタイとベトナムに行き、会社をその目で見てきたいと思っています。急成長が期待できると思えばSBI証券で買う。そういう投資もありですね。

外国株でもチャートで分析できる方法がある

国内ツールではないが、外国株でもチャートで分析できる方法はあります。そのツールは、FXトレーダーなら誰でも使っているMT4(MetaTrader 4)です。

MT4で海外株をチャート表示できる方法は、下記記事でご覧ください。

MT4で日本株をリアルタイムで見る方法【88社限定】海外株もあり

2019.01.20

実践練習に最適なETF(上場投資信託)

1570日経平均レバレッジ上場投信

1570日経平均レバレッジ上場投信は、日経平均なので日経先物と同じですが、先物だとミニでも100円動いただけで1万円の上下があります。1000円だと10万円と、個別銘柄同様リスクが高いです。

1570日経平均レバレッジ上場投信は、1口から買うことができるのでリスクは僅か

1口だと1万円単位から売買することができるわけです。100円動いてもそのままの100円の上下にしかなりません。

個別銘柄でも数万円単位で買える銘柄はあります。しかし、買いはできても空売りはできないとか、出来高が少ないとか制限はあります。日経平均レバレッジ上場投信は、板の状態を見ていただければ分かるように、常時数万単位が並んでいます。

12,000円で50,000口だと6億円分です。これなら数十億でも売買可能です。

さらに、個別銘柄のように下降修正などの悪材料が出る心配もありません。いつでも好きな価格で売買が可能で空売りもできます。

1570日経平均レバレッジ上場投信は、実践練習に最適なETFと言えるでしょう。

ETF・ETNのデメリットとは

ETF・ETNのデメリットは、出来高が少ないものが多く、254件あっても使えるのは僅かです。出来高少ないとチャート判断もしにくいですし、ボラが低く短期で儲かりにくいです。

数を増やす前に出来高を増やす努力をしてほしいところですが、いつまでたっても変わらないのは残念です。

他にもデメリットはあります。

日経平均レバレッジ上場投信は、15時までしか売買ができない

日経先物のように夜売買することができませんので、翌日寄りでは、ギャップアップ、ギャップダウンになりやすくなります。でも、夜先物が大きく動けば個別銘柄も影響あるので、あまり気にする必要はありません。

おすすめETF(上場投資信託)

国内指標

国内指標でおすすめなのは2つ

  • 1570日経平均レバレッジ上場投信(分配金なし)
  • 2516東証マザーズETF(分配金なし)

1570日経平均レバレッジ上場投信の次にお勧めなのが、2018年2月に上場したばかりの2516東証マザーズETFです。

2516東証マザーズETF

10株単位の為1万以下で売買ができます。 空売りももちろん可能です。870円なら8700円から売買ができるので、実践練習にも最適なETFです。

ただ、出来高は少ないです。数万から20万台の出来高しかありません。

日経やTOPIX関連は複数あるので、実際にチャートや出来高を確かめて選んでください。

海外指標と原油や金などのジャンルではおすすめはありません。その理由は、出来高が少なくチャート判断がしにくいのがあります。

おすすめではありませんが、もう一つ売買しているのはあります。

それは、2038 NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油 ダブル・ブル ETN。

このETNは、ツールのある機能を使うために月1回瞬間売買しています。

そのツールと機能は、kabuステーションのリアルタイム株価予想。詳しい理由は下記記事からご覧ください。

kabuステーションの便利機能と使い方

2019.01.19

ETF(上場投資信託)実践例

1570日経平均レバレッジ上場投信と2516東証マザーズETFは、それぞれのチャートではなく、日経先物とマザーズ指数を見て売買しています。

日経先物で買いと判断したら1570を買う、マザーズ指数で買いと判断したら2516を買う。

その理由は、1570日経平均レバレッジ上場投信は、チャート判断がしにくい。東証マザーズETFは、上場して1年程度しか経過してない為、週足や月足で判断しにくいからです。マザーズは、数年経過すればETFチャートだけでも大丈夫になると思います。

1570日経平均レバレッジ上場投信売買例

2018年12月25日の後場に底値で買っています。この時は事前に予想し「買いました」との報告をしていますので先出しです。その後、2019年ある程度戻したところで利食いしています。

2516東証マザーズETF例

2018年12月27日の下げ止まり陽線で買っています。マザーズはもう少し下げ余地があったのと、メインは日経だったので下げ止まりから買っています。

具体的には、5日線を陽線で超え確定で買いエントリーです。利食いは20日線あたりですが、かなり早すぎました。失敗ですね。

ETFは買いだけではなく空売りもよくします。昔は個別銘柄でも空売りはよくしていましたが、今はETFだけにしています。下がる時は一斉になることが多いのと、選別が面倒なのでETFだけにしました。

ETF(上場投資信託)のまとめ

ETF(上場投資信託)は実践練習用として最適なので、株初心者さんはてできるだけ多く売買して、実践経験を積んでください。

100回よりも1,000回、1,000回よりも10,000回。負けが多くなってもETFなら損失は僅かなので、どんどん挑戦していきましょう。

↓ 株の無料メール講座ご登録はこちら ↓