株のチャートツール4選!最速で銘柄選別と分析ができるツールとは

  • 株のチャートツールを詳しく知りたい!
  • 時短になるチャートツールを知りたい!
  • 無料と有料どっちを選べいいの?

こんな疑問のある株トレーダーにおすすめです。

この記事で推奨しているチャートツールなら、最速で的確なチャート分析ができるようになります。すべて無料(一部機能は条件あり)で使えるのでコストはかかりません。

僕も毎日のように使っているものなので、ぜび試してみてくださいね。

株のチャートツールはどんなものがあるのか

株のチャートツールはどんなものがあるのか

株のチャートツールは無料と有料のものがあり、無料チャートツールは証券会社ごとに提供されています。(一部有料もあり)

口座開設や信用口座などの条件を満たせばほとんど無料で使用できます。使用条件については、それぞれの証券会社の説明ページでご覧ください。

無料と有料どっちを使えばいい?

昔は有料のチャートツールを使ったこともありますが、今は証券会社が提供している無料チャートツールだけで十分なので、有料のものは使っていません。

有料で有名なところでは、「株の達人 月9,900円」「ケンミレ 月5,500円」「相場チャート月5,500円」などがあり、全て使った経験がありますが、使う前と使った後ではあまり変わらなかったです。

でも、証券会社が提供している無料チャートツールにはない機能はあるので、気になるなら1ヶ月くらい試してみるのもいいと思います。

ただ、優れた機能があっても勝てるようになるかは別です。「高機能のツールを使えば勝てるようになる」と、初心者は勘違いしてしまうことも多いです。

それと、有料ツールにしかない機能に依存してしまうとリスクがあることを知っておくべき。そのリスクとは、サービスが終了した時点で使えなくなり勝てなくなってしまうこと。

なので、一般的な機能(テクニカル指標)だけで勝てるようにならないといけません。

例えば、移動平均線、一目均衡表、MACD、RCIなど。これらは一般的なテクニカル指標で、全ての無料ツールに入っています。

これらの一般的なテクニカル指標だけなら、証券会社が潰れてツールが使えなくなっても、別の証券会社のツールを使えば勝ち続けられる。そこまで考えてないといけないでしょう。

トレーダーなら常に最悪を想定していかないと生き残れませんし勝ち続けられません。僕の結論としては、証券会社が提供している無料ツールを使うべきです。

証券会社が提供している無料ツール一覧

・松井証券【ネットストック・ハイスピード】
・クリック証券【スーパーはっちゅう君】
・auカブコム証券【kabuステーション】
・SBI証券【HYPER SBI】
・マネックス証券【マネックストレーダー、トレードステーション】
・DMM株【PRO】
・岩井コスモ証券【トレーダーNEXT】
・楽天証券【マーケットスピード】
・岡三オンライン証券【岡三ネットトレーダー】
・ライブスター証券【livestar R2】
・SMBC日興証券【パワートレーダー】

主な証券会社とツール一覧です。注文のしやすさ、チャート分析しやすさはそれぞれ違います。相性は使ってみないと分かりませんので、まずは口座開設して使ってみるのが一番かと。

僕が使っているのは、松井証券【ネットストック・ハイスピード】、クリック証券【スーパーはっちゅう君】、auカブコム証券【kabuステーション】、SBI証券【HYPER SBI】です。

SBI証券【HYPER SBI】だけは、チャート分析用ではなく売買注文用として使っています。それ以外はチャート分析用として使っています。この後に詳しく説明いたします。

株の無料チャートツール4選

株の無料チャートツール4選

いつも使っているチャートツールをご紹介します。全て口座開設すれば無料で使用できます。

① 松井証券 ネットストック・ハイスピード

最終判断で使っているチャートツールです。テクニカル指標ではトレンドラインが自動で引かれ、チャート画面が日足・週足・月足と一度に切り替わるため最短で分析ができます。

ネットストック・ハイスピードは、チャートの見やすさ、トレンドラインが自動で引かれる、日足・週足・月足を一度に切り替えられ一度に見られる。この3つがポイントです。

ネットストック・ハイスピードについてさらに詳しく知りたい方は下記記事からご覧ください。便利機能とダウンロード方法などの使い方も詳しくご紹介しています。

ネットストック・ハイスピードの便利機能と使い方

2019.01.20

②クリック証券 スーパーはっちゅう君

サブで使っているチャートツールです。テクニカル指標など全てネットストック・ハイスピードと同じ設定ができます。ただし、名証・福証・札証の銘柄は表示できません。

ネットストック・ハイスピードは、名証・福証・札証も表示できこれだけで十分ですが、週末(土・日)にメンテで長時間使えないことが多く、その時用にスーパーはっちゅう君を用意しています。

スーパーはっちゅう君について詳しく知りたい方は下記記事からご覧ください。便利機能とダウンロード方法などの使い方も詳しくご紹介しています。

スーパーはっちゅう君の便利機能と使い方

2019.05.08

③auカブコム証券 kabuステーション

最初の銘柄選別用として使っているチャートツールです。多くの銘柄を一気に見ていくことに優れていて、数百銘柄でも数分で分析が終わります。

kabuステーションでざっくり選別し、最終的に残った銘柄は、ネットストック・ハイスピードで分析し買うかどうかを判断しています。

銘柄選別のしやすさ、チャート切り替えが早い、リアルタイム株価予想で寄り前の気配株価が分かる、銘柄登録リストが使いやすい。この4つがポイントです。

kabuステーションについてさらに詳しく知りたい方は下記記事からご覧ください。便利機能とダウンロード方法などの使い方も詳しくご紹介しています。

kabuステーションの便利機能と使い方

2019.01.19

④IFC Markets,GCIMT4(MetaTrader)

MT4は主にFXやCFDに使われるツールですが、IFC MarketsとGCIでは日本株のチャートも表示できます。ただし、全てではなく一部です。

FXで使っていたインディケーターも使用できますので、株のチャートツールにはほとんどない、矢印の売買サインを表示させることもできます。

使っているのはFXのドラストサイン。買いと売りサインが出るので、初心者さんでも迷うことなく売買ができてしまいます。これだけではなく、MT4に表示できるものなら全て可能。

表示できる日本の銘柄一覧は下記記事からご覧ください。他には、米国・中国・ドイツ・イギリス・オーストラリア・ロシアの株も表示できます。

MT4で日本株をリアルタイムで見る方法【88社限定】海外株もあり

2019.01.20

最速で銘柄選別と分析ができる株のチャートツール

最速で銘柄選別と分析ができる株のチャートツール

株は3600銘柄以上もあるため、いかに早くチャート分析ができるかがとても重要になります。早く分析ができないと、分析しきれずチャンスを逃すことにもなってしまいます。

誰しもが経験あるであろう「見つけていたら買っていたのに」と、、、

そうならないためにも、早くチャート分析ができるツールを使うべきでしょう。そこで、一番早く銘柄選別と分析ができるツールをご紹介します。

それは、おすすめ4選にも出したauカブコム証券のkabuステーションです。チャート表示が軽く、矢印とEnterキーだけで銘柄の切り替えができます。

慣れてくれば1銘柄1秒程度で終わり、500銘柄なら10分くらいで完了です。

チャートは、銘柄リストとリアルタイム株価予想から銘柄を選べば切り替わります。さらに、銘柄の部分をクリックすると直近の材料一覧が出てくるので、急騰・急落した理由も同時に確認することができます。

チャートとファンダ両方とも最短でチェックできるのがkabuステーション。

ぜひ使ってみてください。

株のチャートツールでどう分析すればいいのか

株のチャートツールでどう分析すればいいのか

高機能なチャートツールを用意してもどう分析していいか分かりませんよね。

チャートでは、移動平均線、一目均衡表、トレンドラインなど基本的なテクニカル指標のことを学ばないといけません。

そこで、移動平均線、一目均衡表、トレンドラインなどの判断方法をまとめたオリジナルマニュアルを用意しました。6年以上の経験を全て詰め込んだものになります。

一瞬で値動きが予想できるオリジナル組み合わせ!【株専用】KOLチャートのすべて

上記マニュアルで学んで経験を積んでもらえれば、僕と同じように最適なタイミングで売買ができるようになります。プロトレーダーへの第一歩は「チャート」ですよ。

 


今「注目している銘柄」を無料公開!

このメール講座では、株を始めたばかりの初心者さん向けや、ブログやツイッターでは伝えきれないリアルタイム情報を発信しています。メール講座の特典として、「思惑」「ストップ高」「好決算」のピックアップ銘柄を掲載しています。さらに特に注目している銘柄の解説も行っています。

メールアドレス