「チャート」「ファンダ」「地合い」を基礎から学べる株専用ブログ

暴落相場でやってはいけない7つのNG行動と対処方法

どうも、何度も暴落相場を乗り切ってきた地合いヤーKOLです。Twitter:@jiaiyakol

この記事は、暴落相場で大損(資産を減らしている)を繰り返している人向きです。命の次に大事な資産を守らないと。

こんな疑問に答えています。
  • 暴落相場で損する理由は?
  • 負けている時にやってしまうこととは?
  • 資産が減り続ける原因は?

この記事では、僕がやってしまった経験の中から、『暴落相場でやってはいけない7つのNG行動と対処方法』を紹介しています。

特に見て欲しいのが、暴落相場で資産を減らしている人。7つのNG行動をしないだけで、資産を増やし続けることができますよ。

暴落相場で多くのトレーダーが大損する?

暴落相場で多くのトレーダーが資産を減らす?

日経が暴落すると、「大損したの?」とよく聞かれます。株をやらない人からすると、すべてのトレーダーが大損すると思っているようです。

日経が暴落するたびに大損する人はいますが、それはごく一部であって、主に長期保有しているトレーダーだけです。割安株とか。

短期トレーダーは、損切りラインを決めていることが多く、日経が暴落しようが影響は限定的です。損切り設定していない人は大損しますが、、、。

短期トレードをメインにすべき

長期で運用するのが株では王道かもしれませんが、リーマンショックやコロナショックが来れば、たった一度で含み損が拡大または破産することもあるので、長期メインでの運用はやめるべきです。

短期トレードメインにすれば、どんな相場でも勝ち続けることができます。実際、2014年~今年2020年での暴落相場は何度も経験しましたが、資産は増え続けています。

僕の場合は、暴落相場で通用する手法を用意しているので、通常相場よりも儲けやすいです。急な暴落で損切りしたとしても、その損失以上の利益を得られる仕組みにしています。

暴落相場でやってはいけないNG行動7つ

7つのNG行動
① 負けを取り戻そうと焦る
② ナンピン買いをする
③ 感情で売買する
④ 多数と同じ行動をする
⑤ 株で負けている人をSNSやYouTubeで探す
⑥ 稼いでいる人を誹謗中傷する
⑦ スマホ、PC、モニターを壊す

① 負けを取り戻そうと焦る

負けを取り戻そうと焦る

「株で大損してしまった、取り戻さないと」このように焦ることは、誰でも経験あると思います。でもその思考を続けていると、事態はより悪化してしまいます。

焦ってはいけないと分かっていても、大損した時は冷静な判断ができなくなるものです。

ではどうすべきか。

日頃から勝っても負けても、1日でリセットする習慣を身に着けておきましょう。

昨日いくら儲けたのか、損したのかを忘れることが大事です。たとえ、1日で100万損したとしても、翌日には0円としてスタートすること。

そうすることで、負けを取り戻そうと焦ってしまうことを防ぐことができます。

リセットは、月単位でする人は多いと思います。「1月100万負けてしまったが、2月はリセットして0から頑張ろう」とか。

それはお勧めできません。

月前半は焦らずできますが、後半になるにつれ、「先月の損を取り戻さないと」という思考に変わってきて焦ってきます。

もし2月もトータルマイナスになってしまったら、3月はもっと焦ってきます。

焦るのは良くないので、1日単位でリセットすべきです。

② ナンピン買いをする

ナンピン買いをする

ナンピン買いはリスクが高く、絶対してはいけないと言っている人も多いですが、最初に決めた回数での、計画的なナンピンなら構いません。最大2回までとか。

やってはいけないのは、衝動的なナンピンを繰り返すこと。計画していない衝動的なナンピンを何度も繰り返すと、最悪破産してしまうのでやめるべきです。

・計画的ナンピン=〇
・衝動的ナンピン=✕

衝動的ナンピンをしないために、回数等のルールを決めておきましょう。

例えば、最初に1,000円で買ったとして、ナンピンは800円~900円までの下げで1回、700円~800円までの下げで1回。さらに下げたらすべて損切りと。

このように決めてしまえば、破産することはありません。最初に決めた以外のナンピンはしないようにしましょう。

③ 感情で売買する

感情で売買する

感情で売買するということは、日経が急落し不安だから売ってしまい、日経が急騰し安心だから買ってしまうこと。それをすると、安値で売り、高値で買いを繰り返してしまいます。

そんなの当たり前だろうと思うかもしれないが、実際その場面になったら、分かっていても同じ行動をしてしまいます。

株では不安がMAXになった時が底で、安心感がMAXになった時が天井です。

感情とは逆ということです。そこを意識して行動していかないと、負け続けてしまいます。

どうすれば逆の行動ができるのか。

答えは1つ:慣れです!

日経が急落し不安が増大したら、少額でもいいので買うようにしてきましょう。勝つ・負けるではなく、慣れることを優先してください。

買うのは個別銘柄じゃなくでも構いません。ETF(上場投資信託)なら、1万以下で買うこともできます。ETFについては、下記記事からご覧ください。

ETF(上場投資信託)の中で売買しやすいのはどれ?実践例あり

④ 多数と同じ行動をする

多数と同じ行動をする

株では多数と同じ行動をすると、「負け組」に入ります。なぜなら、1割が勝ち組で、9割が負け組と言われているからです。

すべきことは、常に少数派になること。

皆が買いと言うなら売り、皆が売りというなら買いが正しい行動です。

でも多くの人は、少数派になることを極端に嫌がります。それは不安だから。でも株で勝ち組に入りたいなら、少数派になるしかありません。

株だけではなく、日常でも常に少数派になることを心がけましょう。

災害が発生した時も同様で、人は自然と多数と同じ行動をしようとします。道が右と左に分かれたとして、100人中99人が右に行けば、同じ右の道を選んでしまいます。

でも、多数が進んだ道が正しいとは限りません。そこは冷静に判断しないと生き残れません。

僕なら冷静に判断し、正しい道を行きます。それがたとえ1人だとしても行きます。

⑤ 株で負けている人をSNSやYouTubeで探す

株で負けている人をSNSやYouTubeで探す

株で負けた時、同じ境遇になっている人を「SNSやYouTube」で探していませんか?

特にメンタルが弱い人は、自分が負けると、同じ境遇になっている人を探してしまいます。

でも、それをしたところで何の解決にもならないどころか、余計に資産を減らすきっかけになってしまいます。

この人は1000万も負けたのだから、自分の損失100万なんて大した金額ではないと思い込み、同じペースで進んでしまい、気づいたら破産、、、。

そもそも資産額が全く違うので、損失額での比較は間違っています。10億の資産があって、1000万の損失は1%だけなので僅かです。

でも資産300万の人が100万負けると、33%も失っているわけですから、同じことをあと2回繰り返せば、資産は無くなります。

それと、SNSやYouTubeで大損をアピールしている人たちは、何の目的で出しているのかを考えたほうがいいでしょう。

YouTubeなら再生回数を増やすのが目的です。なので、本当にそれだけの損失になっているのかは分かりません。再生回数を増やすための『嘘』ということもあります。

SNSだと注目度を集めるためですね。暴落相場で1億損失したとか。なぜそんなことを公表するのか。一つは『承認欲求』です。SNSも『嘘』ということもあります。

いずれにせよ利用されているだけですので、見るべきではないす。

⑥ 稼いでいる人を誹謗中傷する

稼いでいる人を誹謗中傷する

株で負けている時、少額しか勝てない時、数百万・数千万と稼いでいる人を、SNSやYouTubeで見ると腹が立ってきますよね。粗探しもしたくなるでしょう。

「勝っている証拠を出せ」「履歴は偽装だ」など、誹謗中傷している人もよく見ます。

でも、誹謗中傷したところで何も変わりませんし、コメントを書いている時間は無駄じゃないですか。メリットは何もないということに気付くべきです。

さらに、誹謗中傷することで、ツイッターだとブロックされて、見ることすらできなくなるかもしれません。

すべきことは誹謗中傷ではなく、なぜそんなに儲かっているのかを、教えてもらえるようなコメントを残すべきです。

ただし、いきなり「○○を教えてください」とかはダメです。相手の立場になって喜んでもらえるコメントを残しましょう。

過去の投稿からヒントを抽出して、「○○を参考にして○○円儲かりました」とかがおすすめです。このようなコメントは印象に残りやすく、覚えてもらいやすくなります。

そのうち、勝ち方をこっそり教えてもらえるかもしれませんよ。

誹謗中傷は、百害あって一利なしです。今すぐやめましょう。

⑦ スマホ、PC、モニターを壊す

スマホ、PC、モニターを壊す

大損した時、「スマホ、PC、モニターを壊してしまった」との話はよく聞きますよね。

大損した時に、物に当たりたくなる気持ちは分かりますが、スマホだと安くても3万、PCだと10万、モニターだと2万くらいかかります。

物を壊すことでストレスを発散できても、自ら壊して資産を減らすのは投資家としてやってはいけません。

10万あれば10万円分の銘柄が買え、1年保有すれば倍増しているかもしれません。

何か物を壊したくなったら、要らなくなった皿や茶わんなどを壊せばいいのではないでしょうか。捨てる物なら、損失は0円で資産は減りません。

スマホ、PC、モニターなど、資産を減らしてしまう物を壊すのはやめましょう。

暴落相場で勝ちたいなら感情をコントロールすること

暴落相場で勝ちたいなら感情をコントロールすること

7つのNG行動を紹介してきましたが、共通点は「感情」です。感情をコントロールできれば、暴落相場だろうが勝ち続けることができます。

逆に7つのNG行動を繰り返すと資産が減り続け、いずれ破産してしまいます。どんどん不幸になっていく人です。

この記事を読んだだけではすぐに忘れてしまうので、用紙などに書いて、見えるところに張り付けておくとより良いでしょう。

感情をコントロールして、億を稼げるトレーダーになってくださいね。