投資初心者でもできるほったらかし運用方法4選!500円から始める

投資初心者でもほったらかしで運用できる方法を知りたい方向け。

  • 株やFXを1から学ぶのは嫌、学ばなくてもできる投資方法を教えてほしい
  • ほったらかしでも全自動で運用してくれるところを知りたい
  • 1か所に預けるのは不安だから分散投資をしたい

このようなご質問にお答えします。

仕事が忙しくて株やFXを学ぶ時間がない。年齢的に1から学んで投資するのは無理。そんな人は、他人任せかシステム任せで運用していくしかありません。

というわけで、学ばなくてもほったらかしで投資ができる方法をご紹介します。

全てお任せ!投資初心者でもできる運用方法4選

全てお任せ!投資初心者でもできる運用方法4選

これから紹介する方法は、入金して設定するだけですので、スマホだけでも完結します。設定した後は、スマホで資産が増えているか減っているかを確認するだけ。

口座開設と維持する費用は一切かかりませんので、まずは口座開設を済ませましょう。

ネットで申し込んで書類を待つだけなので、1週間以内には完了すると思います。

ほったらかし運用できるサイト【この中かから選べば十分】

FOLIO(フォリオ) 10万円から投資できます。全て自動でできる「おまかせ投資」と自分で選ぶ「テーマ投資」があります。テーマ投資は、VRやカジノなどの将来期待できるものから選ぶだけ。
THEO(テオ) 1万円から投資できます。資産運用方針の設定を全て自動でできる「おまかせ」があります。自分で選ぶことも可能です。
WealthNavi(ウェルスナビ) 10万円から投資できます。10年、20年といった長期での資産形成に向いています。すでに12万人が利用中。
ワンコイン投資 500円から投資できます。運用は自動で、LINE Payから自動引き落としもできるので手間はかかりません。2020年4月24日まで運用手数料無料。

まずは、すべて試してみてみないと良さは分かりません。少額の資金を入れた後、良かったところを絞ってもいいと思います。ただし、2ヵ所以上に分散しましょう。

そして、数年ごとに成績を確認し、運用するところを見直すのがいいでしょう。

ほったらかし運用できるサイトの比較

  • おまかせ投資・テーマ投資から選べるFOLIO(フォリオ)とは
  • 毎月1万から積み立て投資ができるTHEO(テオ)とは
  • ノーベル賞受賞者の理論がベースのWealthNavi(ウェルスナビ)とは
  • 500円から始められるワンコイン投資とは

おまかせ投資・テーマ投資から選べるFOLIO(フォリオ)とは

FOLIO(フォリオ)とは

FOLIOとは、2つの投資方法(おまかせ投資・テーマ投資)から選べるサービスです。

おまかせ投資は10万円から投資でき、年齢・年収・預貯金から最適な運用プランを提案し運用してくれます。

例えば、

年齢30歳、年収600万、預貯金700万だった場合は、バランス運用プラン。
年齢30歳、年収500万、預貯金1000万だった場合は、積極運用プラン

このように決まります。

運用は全て自動で行われるので、あなたのやることは最初の設定のみです。

テーマ投資は1万円台から投資でき、VRやカジノなどの将来期待できるテーマから選ぶだけ。自分で選ぶ必要があるので、多少の経験は必要となってきますが、銘柄を選ぶ必要がない為そんなに難しくはありません。

これからキャッシュレスが普及してくると判断したなら、そのテーマを買うだけで、専門家が選んだ最大10銘柄を一度に買うことができます。

テーマ投資の買うタイミングについては、SBI証券のテーマ投資記事でご覧ください。

SBI証券のテーマ投資で買うタイミングとおすすめテーマ【2019年版】

2019.06.04

毎月1万から積み立て投資ができるTHEO(テオ)とは

THEO(テオ)とは

THEO(テオ)とは、毎月1万から積み立て投資ができるサービスです。毎月1万積み立てしながら、自動で運用して資産を増やしていきます。

資産運用方針の設定は、全てまかせることができるモードか、自分で設定するモードもあり、どちらか好きなほうを選ぶことができます。

THEO(テオ)とは

口座開設前に無料で診断でき、年齢、年収、金融資産などを記入すると、10年後の定期貯金との比較予想がでてきます。

上記は、年齢30歳、年収500万、毎月の貯金額1万、金融資産200万で10万からTHEO(テオ)を始めた10年後の予想額です。

結果は、10万+10年分の積み立て120万で合計130万で運用した場合、+60万の投資収益が出ているという予想です。※予想なのでこの通りになるわけではありません。

投資対象は、米国株(VTI・VOT・VOE)、韓国株(EWY)、ドイツ株(EWG)など、米国に上場されている ETF(上場投資信託)の中から選定し、分散投資します。

ノーベル賞受賞者の理論がベースのWealthNavi(ウェルスナビ)とは

WealthNavi(ウェルスナビ)とは

Wealth Naviは10万円から投資でき、6つの質問だけで運用プランを決定し全自動で運用してくれます。

6つの質問とは、年齢、年収、金融資産、毎月の積立額、資産運用の目的、株価が1ヶ月で20%下落したら?の6つ。全ての質問に答えると、診断結果が出てきます。

WealthNavi(ウェルスナビ)とは

診断結果では、将来予想金額と確率が出てきて、過去分析も出てきます。それと、どの割合で運用するのかのポートフォリオも見れます。

投資対象は、米国株(VTI)、日欧株(VEA)、新興国株(VWO)、米国債券(AGG)、物価連動債(TIP)、金(GLD)、不動産(IYR)など、米国に上場されている ETF(上場投資信託)の中から選定し、分散投資します。

500円から始められるワンコイン投資とは

LINEスマート投資とは

ワンコイン投資とは、僅か500円から始められる積立投資です。積立頻度は週1回・週5回・週7回から選べ、週1回なら月2,000円~と少額で運用ができてしまいます。

特徴は、積み立て・海外上場投資信託(ETF)

積み立てしながら全自動で、海外上場投資信託(ETF)に分散投資してくれるわけです。

積み立て資金は、LINE Payから自動引き落としができるので、最初に設定したらあとは何もやる必要はありません。自動で週1回500円~引き落とされます。

手数料は通常0.5%~1%かかりますが、2020年4月24日まで手数料無料でできます。

投資(株・FX)を学んでいきたい人

投資(株・FX)を学んでいきたい人

FOLIOやTHEOなどで運用しながら、株やFXを学んでいきたい人には、僕が教えているレジまぐ月額版のメールマガジンをご検討ください。

月3,240だけで週1回以上の発行と、特典マニュアルを継続するごとに配布中です。

ツイッターでは、先出し予想を次々と的中させている実績があります。ツイッターで出された銘柄についても、どう判断したのかをレジまぐにて詳しく解説しています。さらに、週1回の日経・指数の値動き解説、FXのパターン解説をブログにてアップしています。

ほったらかし運用できるサイト【この中かから選べば十分】

FOLIO(フォリオ) 10万円から投資できます。全て自動でできる「おまかせ投資」と自分で選ぶ「テーマ投資」があります。テーマ投資は、VRやカジノなどの将来期待できるものから選ぶだけ。
THEO(テオ) 1万円から投資できます。資産運用方針の設定を全て自動でできる「おまかせ」があります。自分で選ぶことも可能です。
WealthNavi(ウェルスナビ) 10万円から投資できます。10年、20年といった長期での資産形成に向いています。すでに12万人が利用中。
ワンコイン投資 500円から投資できます。運用は自動で、LINE Payから自動引き落としもできるので手間はかかりません。2020年4月24日まで運用手数料無料。