ブロードバンドタワー(3776)は5Gが熱い!新データセンター2期工事決定

今話題になっているブロードバンドタワー(3776)の値動きについて解説してみました。今後の予想等もあるのでご参考になれば幸いです。ただし、当記事を利用し発生したいかなる損失・損害について一切の責任を負いかねます。最終的な判断は自己責任のもとご利用ください。

ご覧の記事で使用しているチャートツールは、松井証券のネットストックハイスピードのもので、設定しているテクニカル指標は、KOLチャート4画面のうちの1つです。

ブロードバンドタワーの株価日足

ブロードバンドタワーの日足

ブロードバンドタワーは5G関連として去年8月から大きく上昇していた銘柄です。9月7日にもツイッターで推奨し買っています。

その後、地合いの悪化で一時的に下げたものの、追加の材料である【新データセンターの2期工事実施決定」で急騰しています。決算後下げ止まったタイミングで買っています。

そもそも5Gって

ポイントは

超高速、超大容量、超低遅延、多地点同時接続

速度は今までの100倍と言われています。さらに、同時に多くの端末を接続できるようになります。ようはめちゃくちゃ快適になるってこと!

じゃあいつからなのか

2020年東京オリンピック・パラリンピック!!!

来年ですね

4月から新元号、そして5Gと新しい時代がやってきます。そういえば昔のインターネットは電話回線で使っていた(笑) 中学生のころ

直近決算はダメだが将来性はある

直近2月12日の決算は6億4000万円の赤字。翌日から急落したがすぐに下げ止まり上昇したので問題なし!来年には数倍上へ行っていると思う。

中長期でもおすすめできる銘柄。(自己責任で)

数分の1になってもしらない(笑)

ブロードバンドタワーの株価月足

ブロードバンドタワーの月足

2018年10月の高値である423円を超えられるか当面の課題であり目標

2005年には3,796円の高値もあっただけにテンバカーもありえるかも

ブロードバンドタワーの株価予想まとめ

今後のポイント

地合い等で下げたら少しづつ買っていくのもあり

200円前半あったら絶対買い

そのくらい想定で中長期保有していけば負けないないだろう

時代を変えるブロードバンドタワーに1票!

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

ご覧の記事で使用しているチャートは、松井証券のネットストックハイスピードを使用しています。他にもツールは使っており、詳しくは、おすすめの証券会社を4選からご覧ください。

テクニカル指標の組み合わせは、KOLチャートのすべて【株専用】 でご確認ください。