メタップス(6172)は決算後下落が続き安値更新中!買うタイミングは?

本日はメタップス(6172)の決算後の値動きなどについて解説してみました。短期はどのタイミングで買えばいいのかも説明してあるのでご参考になれば幸いです。ただし、当記事を利用し発生したいかなる損失・損害について一切の責任を負いかねます。最終的な判断は自己責任のもとご利用ください。

ご覧の記事で使用しているチャートツールは、松井証券のネットストックハイスピードのもので、設定しているテクニカル指標は、KOLチャート4画面のうちの1つです。

メタップスの決算と直近材料

  • 4/15:2019年12月期 第2四半期決算短信:売上高50億円、経常益17億円

売上高は7.4%減だが経常益は4.9倍と伸びています。直近3ヵ月の経常益は-27.8%

決算と同じ日に、ICO プラットフォーム「Metalist」事業化計画の見直しを発表。

  • ブロックチェーンを活用したブロックチェーンゲーム等のみに専念
  • 仮想通貨交換業者の登録申請準備は継続

今さら仮想通貨交換業者ってのもどうかと。決算と期待のなさからか決算翌日から30%近く下落しています。それでも5/3の時点で買残が1,202,700とあまり減っていない。5/9には出来高が増えた強い下げなので、信用買いの耐え切れない処分売りが出たのでしょう。

信用の買売残りと倍率の更新を毎日見たいなら日証金速報でご覧ください。

メタップスの株価チャート

月足

メタップスの株価チャート

月足で見ると2016年の安値が見えてきます。最安値は2016年6月の901円。メタップスは2015年8月28日上場日なので、上場来最安値ということです。

2019年5月9日終値は1065円なので、あと164円で上場来最安値(901円)に到達することになる。

節目価格

メタップス節目価格

500円ごとの節目価格にラインを引いてみました。これで見ると500円ごとの節目価格を意識して動いているのが分かります。特に1,000円ごとの節目価格。2,000円、3,000円、4,000円。

となるともう分かりますね。次の節目価格である1,000円がもうすぐ!

メタップスの株価予想まとめ

メタップスの株価予想まとめ

2018年12月の底値反転のような底値買いがいいでしょう。1,000円の節目価格もしくは上場来最安値(901円)からの反転買い。

買った後の利食い目標価格は、2018年12月の安値付近(1,300円付近)

それと出来高が減ってきているかも確認するといい。2018年12月の時も12/25ピークから半分くらいの1/4から戻してきました。

1,000円や901円で買うのではなく下げ止まりを必ず確認してください。そして損切り設定を忘れずに。安値割れとかがいいと思う。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

リアルタイム予想はツイッターでご覧ください。

 


日経、指数、個別銘柄のリアルタイム予想メルマガ

日経、指数、個別銘柄のリアルタイム予想メルマガを無料で発行しています。

予想はブログ記事やツイッターでも行っていますが、
伝えきれないリアルタイム情報をメルマで発信しています。

さらに株初心者向けの情報も発信していますので、
これから株をやってみたい初心者の方も学んでみてください。