ZOZO(3092)は決算で急落!どのタイミングで買えばいいのか

本日はZOZO(3092)の決算後の値動きなどについて解説してみました。短期はどのタイミングで買えばいいのかも説明してあるのでご参考になれば幸いです。ただし、当記事を利用し発生したいかなる損失・損害について一切の責任を負いかねます。最終的な判断は自己責任のもとご利用ください。

ご覧の記事で使用しているチャートツールは、松井証券のネットストックハイスピードのもので、設定しているテクニカル指標は、KOLチャート4画面のうちの1つです。

ZOZOの決算はどうだったのか

  • 2019年3月期売上高は前期比20.3%増の1,180億円、経常益は前期比21.5%減の257億円
  • 2020年3月期予想は、売上高1,360億円、経常益320億円

1,470億予想だったが1月31日に1,180億円に下方修正しています。2020年の経常益320億円予想は2018年3月期と同額です。

2015年からの売り上げ高伸び率

  • 2015年:売上高410億
  • 2016年:売上高540億 +130億
  • 2017年:売上高760億 +220億
  • 2018年:売上高980億 +220億
  • 2019年:売上高1180億 +200億

2017年から毎年200億のペースで増えているので、2020年1360億予想も達成できるとの見込みなのでしょう。ただ、今年は状況が違うから無理では?

その理由は、ZOZOARIGATOメンバーシップが5月末で終了、代わりにZOZOクレジットカード使えば5%還元だが5%値上げになる。10月には消費税アップが控えている。それとZOZOの知名度はすでにピーク。PB事業は17億と縮小。

会員1人当たりの年間購入金額と点数は、18年2Qから下がり続けています。ZOZOARIGATOメンバーシップとセールしまくりの影響だろう。

新しい事業は、秋から「MSP(マルチサイズプラットフォーム)を発表しているが、取扱高目標は10億。さらに中国進出を今期中のサービス開始を目指すと発表しているが期待できないでしょう。

中国進出の内容

ZOZOTOWN出店ショップを対象に「越境EC」として中国で販売する。手数料はのZOZOTOWN出店時と同率。商品在庫は日本国内の物流センターで管理し、中国から注文が入った商品は日本から発送するとのこと。

ZOZOTOWNで売られている洋服の多くは中国製じゃないだろうか。中国国内で同品質の洋服が数分の1で売られているはずだし、わざわざ日本から輸入してまで買うだろうか。

過去ZOZOは中国進出で失敗しています。2011年10月~2013年1月とわずか1年3ヶ月で撤退。中国はそれだけ壁が厚いということでしょう。今年4月には、あのAmazonが中国から撤退を発表しています。Amazonすら撤退しているのに、中国で製造して割高になった洋服を日本から輸入する人はいないだろう。数年で撤退予想しておきます。

ZOZOの株価月足

ZOZOの株価月足

月足で見ると十分下げているので戻してくる可能性はあるが、戻したとしても2,000円後半くらいでしょう。

過去似たパターンだと、2011年から2012年まで高値から3分の1まで下げたことがありました。月足5線超えから2011年の高値を超えています。チャートだけ見ると、2018年からの高値から同じ3分の1まで下げて下げ止まっています。

中期で見れば月足5線超え陽線確定からが狙い目かもしれない。ただしチャートのみだから、2012年からの業績期待や地合いで見ると環境が違う。2018年の高値を超えていくのは無理だろう。

ZOZOの株価日足買うタイミング

ZOZOの株価日足買うタイミング

日足での買うタイミングは3パターン想定。1つ目は決算翌日の高値ブレイクから。2つ目は2019年の最安値(1,600円台)からの下げ止まり。3つ目はその下である1,500円節目からの下げ止まり。この1,500円の節目は月足200線もあるので意識されやすいポイント。

ZOZOの株価予想まとめ

チャート、業績見てもピークは過ぎた感じなので、中長期で買うのはおすすめできない。短期で狙ったほうがいいでしょう。

KOLチャート②で見ると日足、週足とも下降トレンド中。このパターンでは日足で離れてから下げ止まりを狙うのがベスト。なので、想定2つ目か3つ目になってから狙うといいでしょう。下がらず上げたら当分見送りで!

まだまだ上がると予想しているなら、想定1つ目のブレイクからがいいと思います。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

 


日経、指数、個別銘柄のリアルタイム予想メルマガ

日経、指数、個別銘柄のリアルタイム予想メルマガを無料で発行しています。

予想はブログ記事やツイッターでも行っていますが、
伝えきれないリアルタイム情報をメルマで発信しています。

さらに株初心者向けの情報も発信していますので、
これから株をやってみたい初心者の方も学んでみてください。