株式投資のリアルな経験をシェアするBLOG

V字回復したUUUMの2Q決算|クリエイターズブランド始動で変わる?【チャートとファンダの私見株価】

こんにちは、地合いヤーKOLです。

UUUMの決算(第2四半期)の解説記事です!前回決算から株価は大幅に下落し、上場来最安値に迫ってきました。株価が今度どうなるかなど解説してみました!気になる方はご覧ください。

UUUMの決算から考えるファンダ私見

UUUMの決算実績(2021年5月期 第2四半期決算短信にて解説しています。

前回の決算記事はこちら

注意
この記事で書かれていることは私見であり間違っていることもありますので、記事内容を鵜呑みにせずご自身で調べて判断してください。

第2四半期累計決算

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 進捗率 発表日
 19.06-11 10,919 773 770 459 24.0 82.6 20/01/14
20.06-11 11,106 293 302 184 9.4 38.2 21/01/14
前年比 +1.7 -62.1 -60.8 -59.9 -60.8    

上記の決算表は株探仕様にしています。株探のほうが見やすく判断しやすいのでご利用をおすすめします。

売上は若干プラスになったものの減益のままで、9~11月期で見ても経常25.4%減益です。進捗率は38.2%と低め。

このままコロナの影響が続けば今期予想を達成できるか微妙なところですが、下方修正は出ていないので達成可能との判断なんだと。

決算説明資料から重要なことろを抜粋

タイアップにおいて市場平均を超える前年比124%の売上成長を達成!自社でコントロールできる収益が伸長結果、収益セグメントの主軸交代へ。2Qの再生回数は季節性により1Q比減少も、前年比では106%成長。コロナの影響により季節指数のトレンドが変化。売上は1Qをボトムに大きく回復し、前年比113%の増収に。粗利益も売上回復に伴い、前年を上回る水準まで回復。2Qの販管費は人件費や業務委託費(クリエイター戦略投資等)を中心に増加。チャンネル登録者100万人以上のチャンネルは1年で46→55チャンネルに増加。【決算説明資料から引用】

アドセンスの売り上げもタイアップ広告も1Qより増えています。コロナで一時的に広告宣伝費を減らしたが、収まってきた9月頃から再開し増やしたためだと思います。ヒカキンの動画を見れば9月頃から増えたのは分かります。

気になったのは再生回数の減少。前年同比で106%成長と強調しているが、まだコロナで自粛率高いわりに去年とほぼ変わらない再生回数はまずいかなと。再生回数が伸びない原因は、従来の動画が飽きられてきたのと芸能人のYouTubeへ移行している人が増えたのかもしれません。

再生回数が増えないと売り上げの半分以上であるアドセンスも増えないことになるので、ワクチンでコロナが収まり自粛する人が激減した時の結果には注目でしょう。

UUUMの決算から考えるチャート私見

UUUMの決算後のチャートで解説しています。チャートは松井証券のネットストック・ハイスピードのものです。

日足チャートでのタイミング

前回はギャップダウン今回はギャップアップと真逆の値動きです。決算翌日の高値はトレンドラインと雲を意識した動きになっています。

雲下部にある場合は上げにくく下げやすい位置になるので、今は買いたいタイミングではありません。チャートでは当分様子見が無難との判断です。

月足チャートでの上昇余地

上場来最安値が1,450円、12月の安値が1,460円と僅か10円の差で反転してきました。

月足で見ると底値位置にあるため上昇余地は十分あります。上げた場合の目標は2,500円と3,000円の節目。

総合判断:2021年は勝負の年?

2021年もコロナの影響と芸能人の参入は続くと予想しているので、アドセンスの伸びはあまり期待できない。タイアップ広告は芸能人との取り合いになるのでここも期待できない。

そうなると、YouTube以外で起爆剤になりそうなのは、CREATORS BRAND(クリエイターズブランド)でしょう。

ヒカルがロコンドとコラボしたReZARDアパレルは短期間で10億を売り上げています。それにより、ロコンドの株価は4倍上げています。

それとゲームにも力を入れており、今月には戦陣−SENJIN−がリリースが予定されています。

荒野行動と似すぎているが、ヒカキンなど所属YouTuberで宣伝すれば宣伝費がほとんどかからず集めることができるのは有利でしょう。

さらに、スクウェア・エニックスと著作物使用許諾契約を締結もしており、ゲーム配信に力を入れていくのだと思う。

「物販」と「ゲーム」が今後のポイントになるかなと。

UUUMの株価が上がるかどうかは、CREATORS BRANDの結果次第かもしれません。それまでは1,000円台後半から2,000円台前半でレンジが続くと思います。

地合いヤーKOL

最後まで読んで頂きありがとうございます。今回紹介したUUUMの補足や想定の変更があれば無料めるまがで解説しているので購読がまだの方はこちらからお願いいたします。ブログ記事の更新情報をメールで知りたい方はメニューの「ブログをメールで購読」から購読をお願いいたします。